1. HOME
  2. blog
  3. 飯田橋の生牡蠣&牡蠣料理 「牡蠣屋うらら」の盗んででもお酒が飲みたくなる、酒盗メニュー!

飯田橋の生牡蠣&牡蠣料理 「牡蠣屋うらら」の盗んででもお酒が飲みたくなる、酒盗メニュー!

Ladies and gentlemen, Hello!
A shop where fresh, safe and delicious oysters can be eaten near Iidabashi Station
It's an oyster shop.

最近気温もぐっと下がって、特に朝晩は涼しくなってきましたね。
そんな時は温かいお酒が恋しくなってきます。

日本酒の熱燗に合うおつまみといえば「酒盗」ではないでしょうか。
お酒好きな方はもちろんご存知だとは思いますが、改めて「酒盗」についてお話します。

酒盗の歴史は、実は300年も前からあるんです。
酒盗とは、元々はかつおの塩辛のことで、酒のつまみや、ご飯のおかずとして高知県の土佐で親しまれてきた郷土料理です。

かつおの胃と腸をよく水洗いし、塩で半年ほど漬け込んで、酒・みりん・はちみつなどで味を整え、さらに半年から1年ほど漬け込んだものです。

内臓だけでなく、身も一緒に漬け込むこともあります。

当店のメニューでは、酒盗を使ったメニューが2つ。
一つは、「イカうに酒盗」。
2つ目は、「鮪と酒盗のクリームチーズ」です。

どちらも酒盗の持つ独特の苦味と、まったりとした口あたりでお酒とよく合います。

ちなみに、酒盗の名前の由来は諸説ありますが、「酒盗をつまみにお酒を飲むと、盗まれたようにいつの間にかお酒がなくなっているから」というのと、「酒盗をつまみにお酒を飲むと、他所から盗んででも飲みたくなる」ということから来ているようです。

どちらにしても、お酒が進むということですね。
みなさんのお越しを、心よりお待ちしております。

 


【 store information 】
Oyster shop Urara

〒162-0824
1-14 Yanbacho, Shinjuku-ku, Tokyo Yasuda Building B1

1 minute walk from JR Sobu Line / Chuo Line Iidabashi Station East Exit

   SUCH   】 03-5225-2740
【 dinner 】
Monday-Friday: 17: 00-24: 00 (Food LO23: 00)
Saturdays, Sundays and public holidays: 16: 00-23: 00 (food LO22: 00)

 lunch 
Monday-Friday: 11:30 ~ 14:00 (LO13: 30)

 Regular holiday Nothing in the middle of the year

Related article